責任感の強いあなたへ

自分への自信のなさから他人に合わせようとしてしまう人。自分ができていないとまた不安になってしまう。もっともっと頑張らなきゃと無理をしてしまうあなた、まず頑張りすぎをやめると人生がうまくいく…。

債務整理を終えて今思うことー前編ー

このブログを始めるきっかけと
なった先日の弟についての投稿とは
別に、今回の内容も迷って決断した
私自身が長年苦しんできた
「借金」
についての投稿です。

こんばんは☽
諸田美恵(もろたみえ)です。


今日の内容も、いつ書こうか
どう書くか悩んできましたが
少なからず、役に立つ方がいると思い
率直に書いてみようと思いました。

 

今までの債務に関しての書類は
ほぼ処分してしまいました。
記憶をたどりながら、一部は曖昧な
内容もありますが、どうかご了承ください。

 

f:id:soleil_et_lune:20190610221938j:plain

 ↑ soraraさんによる写真ACからの写真

 

結論からいいますと、
約7年間で作った借金の
元金合計が約350万円
(カード会社4社合計)
でした。

この金額を見て、たいした金額では
ないと思うか、すごい額だと思うかは
読者の方の収入と金銭感覚次第ですが、
当時貯金がなかった私には
途方に暮れる金額でした。

キャッシング含め、リボ払いの
借入開始から8年目に大手弁護士事務所に
債務整理の相談に行きました。

相談料無料、着手金を数万円支払い、
過払い請求の調査から始めました。

調査の結果、過払い金はないとのことで
弁護士から自己破産をすすめられました。

当時は30代半ばにして、
新卒の初任給程度の給料しか
もらっていなかったので無理もありません。


自己破産のデメリット
・免責許可後、5~10年は借入不可
(ブラックリストに載るため)

・個人情報が「官報」という、
 国が発行する機関紙に掲載される

・免責決定まで、一部就けない職種がある


当時(今も継続して)掛けていた
生命保険の解約返戻金が高額過ぎて、
自己破産には踏み切れませんでした。

そのうえ借金のことは一切、
両親に打ち明けないまま
弁護士に相談に行ったため、
母が私名義で掛けていた
生命保険を勝手に解約などできません。

 

弁護士事務所は解決までの時間が
かからず、成功報酬が高め
自己破産をすすめる傾向があります。

 

私の場合、大幅に減額された借金を
3年間で完済する民事再生
希望したのですが、
途中で体調崩したこともあり、
民事再生を申し立てしないまま、

弁護士介入から5年以上が経過したため
時効援用の手続きを提案されました。

 

f:id:soleil_et_lune:20190610185957j:plain

 ↑ akizouさんによる写真ACからの写真

 

カード会社4社中3社は、
時効援用に対して異議申し立ては
ありませんでした。

残りの1社のみ利息減額で
分割支払の和解交渉が成立しました。

この1社については、元金約50万円と
利息が20万円(年利20%)の約70万円を
3年間で支払う内容の和解契約を締結しました。


昨年末にようやく支払い終え、完済しました。


時効が成立した3社については、
元金は支払不要になりましたが、
支払いが延滞した分の利息総額
なんと約700万円、そのうちの2割
約150万円ほどを納めて完済となりました。

弁護士に相談に行けば、支払いが
ストップすると安心して
油断していましたが、利息だけは
当然のように増え続けてしまうんです。

 

便利なリボ払いですが、元金が減らずに
支払いがどんどん増えていきます。
平均的な利息はショッピングが年利15%
キャッシングが年利18%くらいでしょうか。


いざ生活費が足りなくなると、
キャッシングをし始めて、借りては返す…
自転車操業のごとく、気づけばまた新たに
カードを申し込むという始末です。


その結果、与信に通らなくなるまで
続けてカード申し込みしていました。


アパレルの仕事をしていた当時は
家族と同居していて、家に帰っても
仕事をしていても支払いのことで
頭がいっぱいで心身ともに、
片時も休まりませんでした。

 

ある意味、病気になって当然でした。

 

関連記事

↓ ↓ ↓

www.soleiletlune.work

 

www.soleiletlune.work

 

続きの気づき・学びは、
後日投稿しましたので
よろしければご覧ください。

↓ ↓ ↓

www.soleiletlune.work

 

今日もブログをご覧いただき
ありがとうございます。

 

HOME

 

プロフィール

 

お問い合わせはこちらから